Top >  FXの確定申告

FXの確定申告

FXで利益を得たという場合には、必ず確定申告を行わなくてはいけません。確定申告を行うことで税金を納めることになります。1年間の雑所得を合計した金額が20万円以上になるという場合には、税金がかかってきます。課税ということになるので、申告をして税金を支払わなくては、脱税ということになります。数年前にもFXをしていた主婦が確定申告をしなかったことで脱税の容疑で逮捕されたという事件がありました。知らなかったでは済まされない事件になりますので、FXをしている人は十分に注意しましょう。

確定申告は納める責任がある税金を自分で計算して、税務署に申告することを言います。1年間に発生した、すべての利益や損失が対象になりますので、FXにかかわったものすべて、申告の対象になります。確定申告の期限もありますので、期限内に申告できるようにしましょう。

FX以外でも確定申告が必要ないという場合でも、関係した書類は5年間は保管しておいた方がいいでしょう。税務署はFX業者と取引をしており、すべての取引について把握しているので、自分のFXの利益について税務署が把握していないと思ったら大間違いです。何年か経ってから調査されることもありますので、十分に注意しましょう。かくして申告をしなかった場合でも、必ず調べられれば明らかになることですから、脱税の容疑で逮捕されたりしないように、 FXで儲けたお金がある場合には、確定申告をして税金を納めるようにしましょう。