Top >  FXに必要な経費

FXに必要な経費

FXの確定申告の場合には経費の計算をする必要があると思いますが、経費というのはどんなことがあてはまるでしょうか。FXの必要経費というのは、簡単に言ってしまえば、FXの利益を手にするために必要だったお金ということになります。具体的に挙げてみると、FXにかかる必要経費というのは電話代、インターネットプロバイダー料がまず一つあげられますし、FXを始めるにあたってパソコンを購入したという人の場合には、パソコンを購入した費用も経費になります。またFXを行うために勉強をした場合には、関連の書籍の購入費、雑誌の購入費なども経費として扱われますし、FXに関するセミナーや講義を受けた場合には、それにかかる代金、会場までの交通費などもすべて経費としてあげられます。

しかしこれらの経費は、それほど大した金額ではありませんから、実際問題は、そのまま上がった利益から、税金を差し引かれることの方が多いでしょう。また経費であるかどうかの判断をするのは、自分ではなくて、税務署員によって判断されることになりますから、自分は経費だと思っていても、税務署員が経費として扱えないと言えば、経費として認められないことになります。一般的な常識の範囲内での、経費の計上をする必要があります。

FXにかかる経費を申告して認めてもらうためには、領収書や、証明書などの証拠はすべて保存しておく必要がありますし、事前に税理士や税務署の人に相談しておくとスムーズに申告できます。